Updated : 9月 11, 2019 in 未分類

菅原 隆志 サヨナラ・モンスターの気になる体験談

Pocket

評価が高いと聞くけれど、試す勇気が出ない
菅原 隆志さんの「サヨナラ・モンスター」。

「小さい頃から無価値な扱いを受けていたことが悲しかった」親も一生懸命だった。

本当は「そのままでいいんだよ。

今までとても長い間「私なんて生きている価値がない」という「無価値感」を抱いていました。

心の「傷」が1つ癒えてきました。

今のままで十分価値があるよ」と親から言って欲しかったのです。

私には「完全」に関する隠れた能力があることが少しずつ分かってきたのです。

実際に生かされだしてきたんです!

「欠如しているからやりがいがある」という考えにシフトしました。

欠如していることを完全に近づけていくということ。

すぐマイナスに直結していたのは「今の私は完全にダメ」という解釈(考え方)が
心の深い部分にあったからだとわかりました。充実させれる」というプラスにシフトしてきました。

長い間「私なんて生きている価値がない」と思っていたこの問題は
このようなプラスに繋がっている部分があったことに気づいたのです。

その気持ちは私で最後まで感じきって私にも親にも「ありがとう」って思うようになってきました。

「やりがいがあるから楽しめる。

1つ「サヨナラ・モンスター」のツールで私のマイナスから私の進みたい道が少しずつ見えてきました。

完璧主義は悪いと言われていることもあるけどそのいい面に気がついたのです。って言っているのは
信じてもいいのかな。

本当にそんな成果が出るのならいいけれど。
何か不安。

サヨナラ・モンスターの口コミは?

過去の記憶が蘇りました。今回怒りが湧いて苦しくなったのは「人として心を無視されて汚い足でぐちゃぐちゃに踏みにじられたと感じた」からだった。

人生が終わりにならないために考え方を変える必要があります。親や家族から1つ1つ私の気持ちを尊重してほしかった。

「尊重」の欠片もない扱い(人間扱いされない)をされ続けて怒りが湧いたけどそこで大事なのはそのプロセスであるとわかり切り替えることが出来る私がいました!(やった!成長してるぞ!)でそれを生み出していくための燃料となるのが「私を大切にする」ことに関する何だろう?「愛」のような感情かな?多分そうだと思います。その感情を使ってあとは「私で私のことを尊重するチャンスであり問題解決のチャンスでもあり反撃する必要がある。

私に対して思いやりというか優しさというかそういった気持ちがあることを感じました。「尊重」の欠片もない扱い(人間扱いされない)をされ続けて怒りが湧いたことがあります。

「1つ1つの心を子供の時に尊重してほしかった」という気持ちがあったことに気がつきました。そんなことを行動に移してしまったら人生終わりです。

」という考えを大切にしていこうと思いました。「問題解決を通して忍耐力も我慢も身につき成長する」が手に入っていく。

今回の件でも感じたのですが以前よりも私で私を「尊重」出来るようになっていました。今回嫌な出来事に巻き込まれて怒りが湧いたけれどそれを糧に成長に繋げていきます。

悪くないかも。
買ってみようかな?